Off

外壁塗装って本当に必要なの?絶対に必要です

by admin on 2015年12月17日

外壁塗装の必要性を知る

家を建ててから年数が経過すると屋根や外壁の塗装が劣化してくるって知っていますか?家を建てるまでは一生懸命勉強をした人も建ててしまった途端に安心してしまい後のメンテを怠りがちです。しかし、外壁塗装は年数の経過とともに劣化してきます。そして劣化が進むとどうなるでしょうか。外壁塗装の劣化が進むと壁の持つ防水性能が失われてきます。防水性能が失われてしまうと家の内部に水が入り込んでしまいます。家の内部に水が入り込んでしまうと様々な悪影響を及ぼし始めます。

外壁塗装はいつやるのが良い?

大切な我が家を守るためには定期的な外壁塗装を行って家の壁の防水性を保つことが重要です。そのためにはどれ位で外壁の塗替をするのが良いのでしょうか。それは、外壁塗装に使われている材料にもよります。一般的にアクリル系の塗料は6年程度、ウレタン家は7~8年、シリコン系が13~15年、フッ素系がそれ以上となっています。これを目安に塗替えを行えば良いのですが、耐久性とコストのバランスからみると、よく使われている材料はシリコン系のものが多いです。

外壁塗装はだれに頼めば良い?

外壁塗装が必要になった時にまず思うのが、誰に頼んだらいいのだろう、ということです。外壁塗装をやってる知人がいるケースは稀ですから、悩むと思います。その場合依頼できるのは、住宅メーカーがあります。家を建ててくれた業者に頼めば安心です。確実な仕事をやってくれます。しかし、この場合コストが少し高くなってしまいます。他には、塗装屋さんに直接尋ねてみる方法もあります。さらに、最近ではネットで検索して見積もりを取ることも出来ますので、必ず何件かの見積もりを比較して決めるようにしましょう。

外壁塗装の相場を知りたいなら、各業者に見積書の作成を依頼することが重要です。見積もりは無料ですから、費用に関する心配は不要です。

Comments are closed.