Off

必見!LEDは従来の電球や蛍光灯に比べて格段に優れている

by admin on 2015年12月17日

普及率が急速に進んでいる

LEDとは電圧を加えることによって発行する半導体のことです。光の三原色の内、青色のみの開発が遅れていましたが、1990年代に青色・赤色・黄色の三色が揃いましたので、フルカラーで表現することが可能となりました。フルカラーで表現することが可能となったことにより、一気にLEDは生活に身近な存在となり、一般家庭の照明などに活用されるようになりました。従来の蛍光灯や電球よりも数多くのメリットが有るため、どんどん普及率が上がって来ています。

消費電力を抑えることが出来る

LEDのメリットの一つとしては、消費電力が少ないことが挙げられます。電球の場合は消費電力を5分の1程度に削減可能で、蛍光灯の場合も2分の1から3分の1程度に抑えることが可能です。消費電力が少ないと言うことは、その分の電気代を抑えられることになります。LED電球や蛍光灯自体は、従来の電球や蛍光灯に比べて販売価格が高いですが、その代わりに電気代を抑えらますので結果的に費用対効果は高いです。また消費電力が少ないと言うことは、二酸化炭素の発生も抑えることが出来ますので、環境に対しても優れている製品です。

10年間使い続けることが可能

LEDの寿命は非常に長いです。日常生活で利用した場合は、約10年間使い続けることが可能です。従来の電球は半年程度で切れてしまいますし、蛍光灯は2,3年で寿命を迎えます。ですので日常生活においては、結構頻繁に電球や蛍光灯を交換する必要があります。非常に手間に感じてしまいますが、LEDの場合はほぼ切れることを心配することなく日常生活を送ることが可能です。もちろん寿命が長いということは、その分の費用負担を抑えられることにもなりますので、消費者にとってはメリットが大きいです。

LEDライトパネルは軽量で扱い易く、光が拡散しにくいので宣伝対象を目立たせやすい利点があります。屋外でも効果的な宣伝が可能ですが、水濡れや風による飛散を防ぐ工夫が不可欠です。

Comments are closed.