Off

有名人になって生きる事はお得な人生なのか

by admin on 2015年11月30日

有名人として生きる事の難しさ

有名人というと一般的に何を思い浮かべるでしょうか。芸能人やスポーツ選手が直ぐに思い浮かぶ方が多いと思いますが、それ以外にも突発的に世の中を騒がせる方も沢山いらっしゃいます。日本人のノーベル賞受賞のニュースや、突然発生した凶悪事件の犯人等がそれにあたります。有名になりたいと考えるのは多くの人の存在願望の現れですが、何の分野で有名になるかを真剣に考えるととても大変な事だと気づきます。なぜなら有名になるという事は言い換えるとその道のプロになるという事だからです。

有名人となるにはどうすればいいのか

有名人になるには色々な要素が関係します。その時代背景が求めている人物と自身の能力やスキル、キャラクターが一致しているかどうかが最も重要な要件です。最近はITやSNSの飛躍的な発達で昨日まで無名な個人が突然有名人となる事があります。このような時代で有名人になったり成功者となるには、セルフ・プロデュース能力が求められます。自分自身の存在価値をひたすら世に発信するのですが、その方法、発信先を明確にする必要があります。

有名人となった後の人生は

運良く時代の寵児となった後の人生は果たしてどうなるのでしょうか。実は有名人になるよりもなった後の方が大変です。興味本位で行った活動がヒットして有名人になった後、それを継続するだけの意思と能力がなければあっという間に世間から忘れ去られて行きますし、有名になる事で金銭や地位や名誉というものを手に入れる事も可能ですがその後には各種トラブルに巻き込まれる可能性もあります。自分自身ならまだしも家族や友人にも大きな迷惑を書ける可能性もはらんでいます。有名人となるのもいいところ悪いところも色々あるものです。

山本英俊とは、1955年に愛知県の名古屋市で生まれ、パチンコ機器卸会社の代表取締役会長です。有名な競走馬の馬主で、2004年に日本中央競馬会の馬主登録を認められ、翌年の3月に3歳新馬戦において見事優勝を果たしました。また、競馬の時の勝負服の登録の服色で、2007年まで使っていたものは長男に引き継がれました。

Comments are closed.